お知らせ 当院からのお知らせ
2012年03月のお知らせ
脱灰と再石灰化について 2012.3.8(Thu)
堤歯科医院
 みなさま、こんにちは。
今回は脱灰と再石灰化についてお話させて頂きます。

 まず、脱灰とは歯のエナメル質や象牙質からリン酸カルシウムの結晶が溶出する現象です。 
 そもそもエナメル質とは、歯の頭の部分(歯冠、下図のAの部分)の表層部(下図の1の部分)で人体で1番硬い組織です。
その成分の約96%がハイドロキシアパタイトというリン酸カルシウムの結晶で出来ています。

 そして、象牙質とはエナメル質の下層(下図の2の部分)の部分でその成分は、約70%がハイドロキシアパタイトで20%が有機質、10%が水分で構成されているためエナメル質より柔らかいです。

 脱灰とは虫歯の原因菌が産生する酸によって、エナメル質や象牙質の大部分を構成しているハイドロキシアパタイト中のカルシウムやリンが失われる事を言います。

 次に再石灰化とは溶けた歯(エナメル質)が補修される事を言います。 つまり、カルシウムやリンが溶け出た部分に唾液中のカルシウムやリンが戻る現象です。

 では『どうしたら再石灰化が起こるのか』ですが、主に唾液の作用で口腔内のphがアルカリ性に傾くと、溶けだしたカルシウムやリンが戻り始めると言われています。 
 ですので、唾液の分泌を促進したり、糖分の摂取している時間を短くしたり、酸を産生する菌を減らす事で、再石灰化を促進できると思います。

 口腔内ではこの『脱灰』と『再石灰化』が常に起こっています。
『脱灰』が多く起こると虫歯は進行し、『再石灰化』が多く起こると歯は修復されます。
 ※あくまでも、『再石灰化』が起こるのはエナメル質だけと言われています。象牙質まで進行した虫歯は『再石灰化』では絶対に修復されないと思われます。※
 

 次回は虫歯の予防についてお話させて頂こうと思います。

  拙い文章ですがお読み頂きありがとうございました。
堤歯科医院
堤歯科医院
«もどる   バックナンバー»
枚方市香里ヶ丘の歯医者 [堤歯科医院]
堤歯科医院コンテンツ 歯医者/歯科の予約はぶんぶんサーチデンタル
堤歯科医院
堤歯科医院
〒573-0084
大阪府枚方市香里ヶ丘
8-21-10
Tel:072-853-0771

京阪バス いちょう通り停留所
徒歩5分
堤歯科医院
・一般歯科
・小児歯科
・審美歯科
・歯周病
・訪問診療
・月〜金
10:00〜19:00
・土
10:00〜12:00
・昼休み
13:00〜14:30
・休診日
水曜、日曜、祝祭日
堤歯科医院

Copyright (C) 2011 Tsutsumi Dental Clinic. All Rights Reserved.